2010年03月11日

官房長官も「トラスト・ミー」、駐日米大使に(読売新聞)

 平野官房長官が沖縄県の米軍普天間飛行場の移設問題を巡りルース駐日米大使と2日夜に会談した際、鳩山首相が5月末とした決着期限を守る趣旨で「トラスト・ミー(私を信じて)」と伝えていたことが分かった。

 昨年11月の日米首脳会談でも、首相がオバマ大統領に同じ言葉を伝え、普天間問題の年内解決を約束したと米側に受け取られ、不信を招いた経緯がある。

 平野長官は5日午前の記者会見で「(5月末までに移設先を決定する考えを伝えた際に)『私を信じて何か具体的なことを言って下さい』と、向こうが先に言った。相づちの言葉として、私も『トラスト・ミー』と(言った)」と説明した。

ランの一瞬の美、写真で切り取る 資生堂名誉会長・福原氏写真展(産経新聞)
藤川優里市議、うますぎる演説!?大島幹事長も絶賛、“ゆり節”で絶叫(スポーツ報知)
川崎病のモデルマウス作製法、大阪の医師が確立 治療法改善に期待(産経新聞)
<4歳児衰弱死>市が対応協議中に死亡 埼玉・蕨(毎日新聞)
5歳男児餓死の両親、妹だけ連れ週末外出(読売新聞)
posted by ムラタ キヨイチ at 23:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インフル患者5週連続減、注意報地域は増加(医療介護CBニュース)

 インフルエンザ定点医療機関当たりの全国の患者報告数が、2月22-28日の週は1.36で、前週より0.4ポイント減ったことが3月5日、国立感染症研究所感染症情報センターのまとめで分かった。警報レベルを超えた保健所地域は2週連続でゼロだが、注意報レベルのみを超えたのは前週より1か所増え、4保健所(北海道、富山、福井、佐賀で各1)となった。

【都道府県別の表詳細の入った記事】

 定点当たり報告数を都道府県別に見ると、38都府県で前週より減少した=表=。最多は福井(4.56)で、次いで佐賀(3.74)、富山(3.06)、新潟(3.00)、沖縄(2.47)などの順。一方、最少は愛媛(0.15)で、このほか岡山(0.42)、和歌山(0.44)、京都(0.48)、宮城(0.50)などが少なく、19府県が全国的な流行の指標となる「1.0」を下回った。

 定点以外を含む全国の医療機関を受診した推計患者数は、前週より2万人減の約7万人。


【関連記事】
インフルでの入院、6週連続で減少
インフル対策、当面は実施継続―厚労省
インフル流行、警報地域無くなる―患者数4週連続減
輸入新型ワクチンの特例承認のパブコメ結果を公表―厚労省
依然ほとんどが新型も、B型が微増―インフルエンザで感染研

ミニ模型、ストラップ…尼崎市バスのグッズが密かな流行(産経新聞)
歴博「現代」、沖縄戦・原爆の不備指摘で難航(読売新聞)
アレルギー対策の方向性、新たな検討会で(医療介護CBニュース)
鳩山首相 政治家の監督責任強化に言及(毎日新聞)
愛称決めて JR東「はやて」後継「E5系」(河北新報)
posted by ムラタ キヨイチ at 10:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。